CHANGE(チェンジ) スマホで買える太陽光発電

CHANGEは、太陽光パネルを1ワットから購入することができ、 いつでも、どこでも、欲しい分だけ太陽光発電所のオーナーになれるサービスです。

CHANGEは、太陽光バネルを1ワットから購入することができ、
いつでも、どこでも、欲しい分だけ太陽光発電所のオーナーになれるサービスです。

もれなく全員 新規登録で10ワットプレゼント

作った電気は全部売電。全量買取制度について

f:id:nanba-r:20180611182033p:plain 太陽光発電の売電制度で、「全量買取制度(ぜんりょうかいとりせいど)」というものがあります。

今回は、この全量買取制度について解説していきます。

前回説明した、余剰買取制度との違いは何があるのでしょうか。

▼前回紹介した余剰買取制度についてはこちら blog.change-x.jp

作った電気全てを売電できる制度のこと

全量買取制度は、発電した電気全てを売電できる制度のことです。

家庭で電気を使う量などに関係なく、発電施設で発電した全ての電気を売電します。

発電規模10kW以上の太陽光発電システムで選択できる

太陽光発電の売電制度は、余った電気を売電する「余剰買取制度」と「全量買取制度」に分けられます。発電規模によって分けられ、発電規模が10kW未満が余剰買取、10kW以上が全量買取を選べるという形になっています。

10kW以上の発電所は、広い土地に取り付けられることが多く、事業用の発電所として存在しています。長期の売電制度のため、投資目的やビジネス観点から、取り入れる事業者も増えています

また、発電規模10kW以上全てが全量買取制度を適用されることもなく、発電規模10kW以上であれば「余剰買取」と「全量買取」のどちらかを選ぶことができるようになっています。

売電期間は20年、売電単価も固定

全量買取制度の買取期間は、買取が開始した時点から20年間で、買取単価も20年間固定になります。

また、発電規模10kW以上2000kW未満と2000kW以上で、買取価格の決定のされ方に違いがあり、10kW以上2000kWでは経済産業省が発表した価格が適用され、発電規模2000kW以上の設備については2017年度から入札制度により決定されることになっています。

f:id:nanba-r:20180611172739p:plain

出展:なっとく!再生可能エネルギー 固定価格買取制度

全量買取制度の最大の目的は再エネの普及

全量買取制度は、再生可能エネルギーの普及を目指すことが大きな目的です。

日本で電気を作る主力は、火力発電所ですが、発電のために使われるエネルギー源(石油・石炭・天然ガス)のほとんどを他国からの輸入に頼っているのが現状です。この現状が続くと、石油燃料が高騰したり、石炭の採掘量が少なくなった際、その影響を直接的に受け、日本で電気が使えなくなることも十分ありえます。

そのため、100%自国で生産するエネルギー源をもつことが課題になっています。太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの普及率をあげることは、日本のエネルギー課題を解決する手立てとして期待されています。

電力会社が買取るお金は、全国民が負担している

太陽光発電所が発電した電気は、電力会社が買い取ってくれますが、買取にかかる費用は、として電気を使う国民全員で負担をしています

「再エネ促進賦課金」という名目で、毎月電気の使用量に応じて請求がされています。

f:id:nanba-r:20180412153341p:plain

再エネ促進賦課金は、再生可能エネルギーの普及を実現するために、電力会社が買い取った費用を、電気を使う全ての人で負担するという制度で、電気を使う全ての人に請求されています。

全量買取制度まとめ

  • 発電した電気の全てを売電できる制度*1

  • 売電期間は20年間

  • 売電単価も20年間固定

  • 発電規模10kW以上で適用され、余剰か全量か選ぶことができる

  • 買取にかかる費用は国民全員で負担している

太陽光発電の全量買取制度について解説しました。余剰買取制度と違い、売電期間の違いや、目的の違いなどがありましたね。

太陽光発電が初めての方はCHANGE

f:id:nanba-r:20180606192944p:plain

  • 太陽光発電を導入したいけど、初めてだから心配

  • 屋根に設置したいけど初期費用が気になる

  • 10年の余剰買取でなく、20年の全量買取にしたい

  • 広い土地がないから、10kW以上の設備は諦めている

こんな悩みを抱えている方は、まずはCHANGEで太陽光発電を始めてみませんか。

CHANGEは、太陽光発電所を1ワット100円単位から購入できるサービスです。

アカウント登録のみで始めることができ、屋根設置よりも売電期間が10年長い低圧太陽光発電所を1ワット単位で分譲しているから、少額からでもしっかり利回りをあげることができます。

売電期間は20年間、購入したパネルは私たちが責任を持って管理するので、草刈りや見回りのメンテナンスも不要です。

今ならリターン率200%越えの商品が購入可能です!

現在販売中の、千葉市緑区高田町1号発電所では、シミュレーションよりも10%多く発電しており、このペースで発電すると最終的な売上見込みは220%を超える予測です。

残りワット数は2398W(約48万円分)です。あとわずかですので、ご購入はお早めに。

▼CHANGE(チェンジ)〜スマホで買える太陽光発電〜 はこちら change-x.jp

*1:厳密には、パワーコンディショナーにより制限されるため、発電量全てではない