CHANGE(チェンジ) スマホで買える太陽光発電

CHANGEは、太陽光パネルを1ワットから購入することができ、 いつでも、どこでも、欲しい分だけ太陽光発電所のオーナーになれるサービスです。

CHANGEは、太陽光バネルを1ワットから購入することができ、
いつでも、どこでも、欲しい分だけ太陽光発電所のオーナーになれるサービスです。

もれなく全員 新規登録で10ワットプレゼント

なぜ今、再生可能エネルギー?注目される理由は?

f:id:nanba-r:20180524135326p:plain

なぜ今、再生可能エネルギーなのか?

自然の力を利用して発電する再生可能エネルギー(以下、再エネ)。日本も再エネの導入促進のため、FIT法(固定価格買取制度)を定めたりとその動きは活発です。

しかしながら、なぜここまで国も企業も、再生可能エネルギーの導入に力を入れているのでしょうか。

世界が化石燃料を使わないという決断をしている

2015年のCOP21で提案されたパリ協定を境に、化石燃料を使わない世の中を目指す流れが大きくなりました

パリ協定の大きな目的は、地球温暖化の原因である温室効果ガスの排出量を軽減をするために、世界的に化石燃料の使用を抑え、クリーンな地球環境を未来に残そうというものです。

現在アメリカを除く世界196ヶ国がこの協定に同意する署名をし、各国が目標を定め、二酸化炭素排出を抑える活動をしています。直接的に効果を発揮するのが再生可能エネルギーの活用のため、積極的に導入されています。

国だけでなく、世界のトップ企業である、グーグルやアップルが再エネで自社の消費電力を100%賄うなどのニュースもあり、再エネに今後も注目が集まっていくと考えられます。

パリ協定については過去ブログをご覧ください。

blog.change-x.jp

再エネは日本のエネルギー問題を解決する役割を担う

日本でもFIT法(固定価格買取制度)を施行したり、補助金を出したりと、お金を出してまで再エネの普及に力を入れています。その理由は、国のエネルギー問題を解決する一つの手立てと考えられているからです。

日本は、世界で5番目にエネルギーを使う国()ですが、エネルギー自給率はわずか6%とかなり低い状況にあり、残りの94%は外国からの輸入に頼っています。

f:id:nanba-r:20180524095526p:plain

www.meti.go.jp

この現状では、今後海外から燃料を買えなくなったり、石油や石炭などの燃料価格が高くなると、日本の経済状況にとてつもなく大きな影響を与えます。

つまり、このエネルギー問題は、日本の経済成長に関わる大きな問題であり、日本で生活を送る国民全体の安心を守るために考えなければならない、とても重要な問題なのです。

この現状を変えるためには、輸入に頼らない新しいエネルギー源の確保が必要になります。日本はエネルギー資源に乏しいため、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの普及が一番有力であり、期待されている存在なのです。

再エネビジネスは収益性もある

さらに、再エネビジネスは収益性もあります。

その理由は、国が再エネの普及を進めるために、FIT法(固定価格買取制度)を定め、再エネの発電所を作る人の事業が成り立つようにしているからです。

2012年からこの制度が始まり、再エネ導入のハードルがかなり下がりました。10年、20年という長い期間で事業計画を立てやすくなっただけでなく、その事業の利回りは10%前後が当たり前となっています。

CHNAGEで現在販売中の

change-x.jp

こちらの案件も、利回りは10%前後となっており、最終の売上見込は200%を超えるシミュレーションです。

年次発電計画 f:id:nanba-r:20180524141744p:plain

制度の詳しい説明は過去のブログをご覧ください。

blog.change-x.jp

まとめ

以上が再生可能エネルギーに注目が集まっている理由になります。

まとめると

  • 世界的に化石燃料を使わない世の中を目指しているから

  • 日本のエネルギー問題の解決に繋がるから

  • 国が再エネ事業者を後押しする制度が整えられているから

今後さらに再生可能エネルギーの普及が進み、屋根の上や、遊休地などで太陽光発電や風力発電などをみることも普通になって行くのかもしれませんね。


▼CHANGE(チェンジ)〜スマホで買える太陽光発電〜 はこちら change-x.jp