CHANGE(チェンジ) スマホで買える太陽光発電

CHANGEは、太陽光パネルを1ワットから購入することができ、 いつでも、どこでも、欲しい分だけ太陽光発電所のオーナーになれるサービスです。

CHANGEは、太陽光バネルを1ワットから購入することができ、
いつでも、どこでも、欲しい分だけ太陽光発電所のオーナーになれるサービスです。

もれなく全員 新規登録で10ワットプレゼント

増え続けている太陽光発電所。ここ半年で増えたメガソーラーまとめ。

※この記事は2018年3月10日現在の情報(2017年7月〜2018年3月まで)を元に記述しています。

固定価格買取制度が2012年7月から始まり、さらに東日本大震災やパリ協定なども相まって、再生可能エネルギーへの注目も高まり、急速に太陽光発電所が増えて来ました。
再生可能エネルギーの中でも一番有名なものはといえば、やはり太陽光発電といえますが、最近「もう飽和してしまったのでは?」や、「これ以上増えないのでは?」ということも言われるようになって来ています。しかし、そんなことはなく、まだまだその存在感は大きく着々と増え続けています。(太陽光発電を取り巻く状況と今後の展望:平成29年6月8日 一般社団法人 太陽光発電協会)

今回は、そんな増え続ける太陽光発電の中でもメガソーラー(発電容量1,000kW以上を持つ太陽光発電所)に着目した内容です。ここ半年で増えたメガソーラーについてまとめてみましたので、ご覧ください。

瀬戸内kirei太陽光発電所(2018年2月完成)

瀬戸内kirei未来創り合同会社が手がけた、発電容量235MW(メガワット)の太陽光発電所です。2014年から建築を開始し今年2月に完工しました。岡山県瀬戸内市内の塩田跡地の265haという広大な土地に約90万枚の太陽光発電モジュールを設置しています。年間を通して一般家庭約8万世帯分の電力消費量を供給できるとのことです。

f:id:changex:20180320140657j:plain
出典:瀬戸内Kirei未来創り合同会社

室蘭太陽光発電Ⅱ(2018年1月完成)

2018年1月31日より稼働開始をし、発電容量1927kW(約2MW)の北海道室蘭市に設置された太陽光発電所です。敷地面積2万5400平方メートルに太陽光モジュールを6024枚設置されています。

f:id:changex:20180320162619j:plain
出典:サンテックパワージャパン

DIC鹿島工場内設置太陽光発電所(2018年1月完成)

インクメーカーDICの鹿島工場内に設置された、発電容量1.6MW(メガワット)の自家消費を目的とした太陽光発電所です。自家消費を目的としたメガソーラーでは国内最大級です。二酸化炭素排出の抑制活動の一環として設置され、合計5588枚の太陽光モジュールが使用されています。

f:id:changex:20180320163341j:plain
出典:三菱電機

山口・萩メガソーラー発電所(2017年12月完成)

山口県萩市に設置された、発電容量約21.1MW(メガワット)の太陽光発電所です。京セラ製の太陽光モジュールを7万8144枚が設置され、年間予想発電量は約2300万kWhとのこと。一般世帯の約7730世帯分の電力消費量に相当します。

f:id:changex:20180320170806j:plain
出典:京セラ

いづも大社CC内設置太陽光発電所(2017年11月完成)

オリックス・ゴルフ・マネジメントが手がけたゴルフ場9ホールへ設置された太陽光発電所で、発電容量は約14MW(メガワット)です。年間予想発電量を約1418万kWhを見込んでまして、一般家庭の約3930世帯分の電力消費量に相当します。

f:id:changex:20180320164851j:plain
出典:オリックス・ゴルフ・マネジメント

青森県七戸市内設置太陽光発電所(2017年11月完成)

エクイスエナジーが手がける、青森県七戸町に建設された太陽光発電所です。合計出力47.5はMW(メガワット)で、年間予想発電量は約4025MWhになります。約1万4950世帯分の電力消費量を見込んでいます。

f:id:changex:20180320172126j:plain
出典:エクイスエナジー

平木尾池水上太陽光発電所(2017年11月完成)

香川県三木町に設置された、水上に設置された太陽光発電所です。発電容量は2.6MWで、水上に設置された太陽光発電所の中では最大規模となる発電容量です。

f:id:changex:20180320173157j:plain
出典:三菱電機

播磨太陽光発電所(2017年10月完成)

兵庫県たつの市神宮町の播磨科学公園都市内に設置された発電容量1.99MW(メガワット)の太陽光発電所です。年間予想発電量は2720MWhで、一般家庭約550世帯分の電力消費量を賄う想定です。

f:id:changex:20180320173646j:plain
出典:NECフィールディングス

ソフトバンク長野佐久ソーラーパーク(2017年9月完成)

長野県佐久市に建設された発電容量1.3MW(メガワット)の太陽光発電所です。ソフトバンクグループのSBエナジーが手がけ、年間予想発電量は約154万kWhで、一般家庭約427世帯分の電力消費量を賄う想定です。

f:id:changex:20180320174816j:plain 出典:SBエナジー

六戸ソーラーパーク(2017年8月完成)

青森県六戸町に建設された発電容量約22MW(メガワット)の太陽光発電所です。バイテックホールディングスのグループ会社のバイテックソーラーエナジーが建設したもので、年間予想発電量は約2600万kWhと、一般家庭約7170世帯分の電力消費量に相当します。

f:id:changex:20180320174606j:plain
出典:バイテック

さらに増え続ける太陽光発電

ここ半年の間で建設されたメガソーラーについてご紹介いたしました。上記の内容を合計すると約348MWの容量が増えたことになります。しかし、メガソーラーは、産業用太陽光発電の中でも大容量のもの(発電容量が1,000kW以上)に限定されるため、低圧太陽光発電(50kW未満)や家庭用の太陽光発電など、今回紹介しきれなかったものあることを踏まえると、更に身近に太陽光発電所が普及しているといえます。

また、太陽光発電の他、風力発電や洋上風力発電の技術も進んでおり、今後の再生可能エネルギーの普及は更に発展していくと考えられますね。

今後も動向が見逃せません。