CHANGE(チェンジ) スマホで買える太陽光発電

CHANGEは、太陽光パネルを1ワットから購入することができ、 いつでも、どこでも、欲しい分だけ太陽光発電所のオーナーになれるサービスです。

CHANGEは、太陽光バネルを1ワットから購入することができ、
いつでも、どこでも、欲しい分だけ太陽光発電所のオーナーになれるサービスです。

もれなく全員 新規登録で10ワットプレゼント

ソーラーシェアリング

農林水産省より、営農型太陽光発電に係る一時転用期間が3年から10年に延長されると発表されました

本日、農林水産省より、営農型発電設備の設置に係る農地転用等の取扱いの変更について発表があり、即日施行されることになりました。 主な内容は「担い手が営農する場合」や、「現在使われていない荒廃農地を活用する場合」に、一時転用期間が3年から10年に…

営農型太陽光のもう一つのやり方、ソーラーシェイディングとは

営農型太陽光発電について、こんな記事が上がっていました。 www.alterna.co.jp 当ブログでも、営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)について、こちらの記事で紹介しています。 blog.change-x.jp ソーラーシェアリングの発電所は、2017年5月現在、全国…

「私たち、太陽光パネルの下で農業します!」 ソーラーシェアリングとは

本日は、CHANGE(チェンジ)及び、弊社(株式会社チェンジ・ザ・ワールド)で取り扱う、太陽光発電設備のメインとなる方式、ソーラーシェアリングについて説明したいと思います。 太陽光発電と聞くと、住宅の屋根に取り付けたり、以前ゴルフ場だった広大な遊休地…

千葉の弊社発電所に行って来ました

皆さん、こんにちわ! 先日、千葉にある弊社事務所を訪ねて、千葉市緑区高田町1号発電所と、ソーラーシェアリングを行っている別の案件を見てきました。 私達、CHANGE(チェンジ)の開発チームは、山形県酒田市の本社に勤務しているのですが、今回は東京(千葉?…

再生可能エネルギーの社会へのメリット

日本は、地下資源の乏しい島国です。 自国でエネルギーを生産できないため、日本のエネルギー自給率は、実に6%という低い数字となっています。2011年までは、原子力発電所が稼働していたため、約20%のエネルギー自給率となっていましたが、国内の原発がほぼ…

菌床椎茸がどんどん収穫されています

さて、1ワットからの太陽光発電所「チェンジ」で運営している太陽光パネルは、営農法と呼ばれる農業と並行して発電を行う方式です。 現在販売中の千葉市緑区高田町1号発電所パネル下で栽培している椎茸ですが、早くも収穫されはじめています。 こちらを御覧…

椎茸が収穫できました!

なんと、栽培から1週間足らずで、最高の状態に成長した椎茸が収穫できました! 見て下さい。この肉厚な椎茸を! 量りで重さを量ると、約30グラム。ちょうど食べごろの大きさだそうです。 椎茸づくりを教わっている農家さんの話では、丁寧な世話と、ちょう…

芽かき

1ワットからの太陽光発電所「チェンジ」で運営している太陽光パネルは、営農法と呼ばれる農業と並行して発電を行う方式です。 現在、千葉市緑区高田町1号発電所パネル下では、椎茸を栽培しています。 その、重要な作業の一つが「芽かき」大きな菌株を残して…

菌床しいたけにお水をあげます

菌床しいたけにお水をあげます。 こんな感じで噴霧しています。 CHANGE(チェンジ)では、椎茸がスクスクと育つように、湿度と温度を適切に管理しています。 ・・・って、太陽光の話をしていない。^^;

高田町1号発電所の菌床しいたけが芽吹きました

先日お伝えした、千葉市緑区高田町1号発電所下にて栽培している菌床しいたけですが、早くも芽吹いてきました。 今朝、菌床の様子を確認すると・・・。 小さなキノコが! かわいい! おっと、取り乱してしまいました。 小さなキノコがニョキニョキ生えるさま…

菌床しいたけの栽培をしています

CHANGE(チェンジ)で扱う太陽光発電設備は、営農型太陽光発電といわれるソーラーシェアリング手法を採用しています。 これは、太陽光発電設備と同時に農業を行う手法で、農地として利用している土地を有効活用する事ができるとともに、年々増えていく耕作放棄…

千葉市緑区高田1号発電所を紹介します!

現在、CHANGE(チェンジ)で発売中の太陽光発電設備「千葉市緑区高田町1号発電所」です。 CHANGE(チェンジ)では、商業規模の発電設備を設営し、1ワット単位で購入できるよう分割した形で販売しています。この設備は、12,480ワットの発電能力を有しており、既…