CHANGE(チェンジ) の太陽光発電投資ブログ

CHANGEは、太陽光パネルを1ワットから購入することができ、 いつでも、どこでも、欲しい分だけ太陽光発電所のオーナーになれるサービスです。

CHANGEは、太陽光パネルを1ワットから購入することができ、
いつでも、どこでも、欲しい分だけ太陽光発電所のオーナーになれるサービスです。

登録無料即オーナーキャンペーン 新規登録で1ワットプレゼント

太陽光発電「投資」としての4つのメリット

f:id:nanba-r:20180831155202p:plain 太陽光発電所オーナーの多くは、投資を目的として購入している人がほとんどです。「お金が稼げる」というメリットが大きくありますが、太陽光発電投資には他にどのようなメリットがあるのでしょうか。

今回は、太陽光発電投資の4つのメリットを紹介します。

太陽光発電投資の4つのメリット

メリット1:利回りが高い

太陽光発電投資の一番大きなメリットとして、高利回りであることがあげられます。

太陽光発電の利回りは10%前後が当たり前となっており、例えば、土地付きの太陽光発電所を2,000万円で購入した場合、利回り10%の場合では10年で元手を回収することができます。発電規模が10kW以上の太陽光発電所は、20年間の買取期間が国から保証されているため、10年で元手を回収し、後の10年間は全て収入に繋がります。

天候に左右されたり、地域や設置場所によって状況が変わるため、一概に全てに当てはまるということは言えませんが、それでも10%前後の利回りは他の投資案件と比べて高い水準にあります。2018年までに、買取価格が年々下落しているという事実もありますが、まだまだ投資案件として太陽光発電は健在しています。

メリット2:メンテナンス費・改修費が少ない

太陽光発電所は機械として動作する可動部品がありません。このため機械の故障による稼働停止や修理の危険性が低くなります。また、昨今ではパネル自体の耐久性も飛躍的に向上しているため、メンテナンスや改修にかかる費用が少なくて済みます。

定期的なパネルの清掃や草刈りなどの対策は必要となりますが、それでも多くの人手を必要としないため、メンテナンスに掛けるランニングコストは少なく済むといえます。業者などに依頼することもできるため、やり方次第で手間を省くこともできます。

メリット3:固定買取制度だからローリスク

太陽光発電などの売電のルールは、固定価格買取制度(FIT法)という国が定めた制度に沿って行われます。売電期間についても、この制度に沿って決定され、発電規模10kW以上の太陽光発電所は20年の売電期間と定められています。

ここでのポイントは国が20年間という売電期間を保証してくれているという点です。この制度は、太陽光発電などの再生可能エネルギーを普及させるため導入された制度で、日本のエネルギー自給率向上を目指して定められました。20年間という長い期間の売電を保証することで、収支計画を立てやすくなり導入をしやすくなることを狙って定められています。

メリット4:空室リスクもなく安定収入を見込める

太陽光発電投資では不動産投資と比べ、空室リスクや家賃の不払いなどを心配する必要がありません。天候や季節によって日照状況が変わってくるため、月の収入に変動はありますが、基本的にはシミュレーション通りに発電していくので、急に収入が激減するということは通常ではありえません。

太陽光発電投資はローリスクで長期投資をするのにおすすめ

以上4つが太陽光発電投資のメリットになります。

まとめると以下の通りになります。

  • 利回りが高い

  • メンテナンスや改修費が少ない

  • 固定買取制度でローリスク

  • 安定収入を見込める

もちろん、盗難や事故などのリスクも存在しますが、そういったものも踏まえても長期的に安定収入が得られるという点はかなり魅力的ではないでしょうか。

長期的な未来を見据えて投資を行うにはおすすめの投資方法になりますね。

▼太陽光発電投資を始めるならCHANGE(チェンジ)

今なら新規登録で10ワット(約2000円分)の太陽光発電所をプレゼント中!

CHANGE(チェンジ)を使って太陽光投資を始めよう!

change-x.jp

合わせて読みたい記事はこちら

▼固定価格買取制度

blog.change-x.jp

▼売電の価格が下がってもメリットが有るのか気になる方

blog.change-x.jp

【よくある質問】チェンジコインの換金の方法

f:id:nanba-r:20180829165556p:plain

このページでは、チェンジコインの換金の方法について説明します。PC、スマホ等の端末での換金方法も紹介しています。

換金について

換金は、現金もしくはアマゾンギフト券へ交換が可能です。また、換金依頼はいつでも行うことができ、約1週間程度で指定された口座へ振り込まれます。

PCで行う場合

マイページへログインし「チェンジコイン欄」下部の「履歴/換金」ボタンを押す

f:id:nanba-r:20180829165755p:plain

「履歴/換金」ページ下部にスクロールし、「換金する」ボタンを押す

f:id:nanba-r:20180830143241p:plain

f:id:nanba-r:20180830143423p:plain

「換金する」ボタンを押すと、下記のページへ飛びます。 f:id:nanba-r:20180830143512p:plain

換金依頼ページで換金方法を「Amazonギフト券」か「銀行振込」から選ぶ

f:id:nanba-r:20180830143647p:plain

※銀行振込の場合、390CCの振込手数料が差し引かれます。Amazonギフト券へ交換の場合は手数料はかかりません。

換金するチェンジコインを入力し、「換金する」ボタンを押す

f:id:nanba-r:20180830143848p:plain

f:id:nanba-r:20180830143903p:plain

換金の確認を行い、「換金する」ボタンを押し換金依頼を完了する。

f:id:nanba-r:20180830143933p:plain

※この画面が最終画面です。

※換金依頼後、約一週間程度で指定の口座へ振込されます。Amazonギフト券の場合はメールにて通知いたします。

スマホ等の端末で行う場合

マイページへログインし「チェンジコイン欄」下部の「履歴/換金」ボタンを押す

f:id:nanba-r:20180830145851p:plain

「履歴/換金」ページ下部にスクロールし、「換金する」ボタンを押す

f:id:nanba-r:20180830145910p:plain

換金依頼ページで換金方法を「Amazonギフト券」か「銀行振込」から選ぶ

f:id:nanba-r:20180830145942p:plain

※銀行振込の場合、390CCの振込手数料が差し引かれます。Amazonギフト券へ交換の場合は手数料はかかりません。

換金するチェンジコインを入力し、「換金する」ボタンを押す

f:id:nanba-r:20180830145954p:plain

換金の確認を行い、「換金する」ボタンを押し換金依頼を完了する。

f:id:nanba-r:20180830150002p:plain

※この画面が最終画面です。

※換金依頼後、約一週間程度で指定の口座へ振込されます。Amazonギフト券の場合はメールにて通知いたします。

▼CHANGE新規登録・サインインはこちら

change-x.jp

【よくある質問】チェンジコインって何?

f:id:nanba-r:20180829130754p:plain

チェンジコインとは?

f:id:nanba-r:20180829131711p:plain

チェンジコインとは、CHANGE(チェンジ)内で使用されるオリジナル通貨です。

毎月、保有するワット数に応じて売電収益をチェンジコインとして分配し、1CC=1円として換算します。保有しているチェンジコインはマイページから確認できます。

現金やアマゾンギフトへの換金が可能で、チェンジコインを使って、追加でワット(発電所)を購入することもできます。

振り分けのタイミングは?

f:id:nanba-r:20180829133605p:plain

電力会社が発電所の検針を行い、その後売電料金が入金されてから3営業日以内に、管理費を引いた売電収益をチェンジコインにて振り分けます。

発電所の検針は月に1回行われ、検針から約半月で電力会社から売電料金が入金されます。

チェンジコインで何ができるの?

f:id:nanba-r:20180829135430p:plain

f:id:nanba-r:20180829141956p:plain

チェンジコインは現金、又はアマゾンギフト券への換金、又はチェンジコインを使って追加でワット(発電所)を購入することも可能です。

換金はどうするの?

持っているチェンジコインを換金したいときは、マイページから換金依頼をします。換金依頼はいつでも出来ます。

換金の方法については、以下の「チェンジコインの換金の方法」をご覧ください。

▼CHANGE新規登録・サインインはこちら

change-x.jp

再生可能エネルギーって何?詳しく解説

f:id:nanba-r:20180828162212p:plain

再生可能エネルギーと聞くと、太陽光発電や風力発電などを思い浮かべることが多いのではないでしょうか。

地球環境に優しいというイメージもあり、遊休地などの広い敷地の活用として設置されるなど、身近に普及してきていますが、そもそも再生可能エネルギーとはどんなものか気になったことはないでしょうか。

今回は「再生可能エネルギー」について詳しく解説していきます。

そもそも再生可能エネルギーとは?

再生可能エネルギー(Renewable Energy)について、経済産業省HPでは以下の様に紹介されています。

太陽光や太陽熱、水力、風力、バイオマス、地熱などのエネルギーは、一度利用しても比較的短期間に再生が可能であり、資源が枯渇しないエネルギーです。これらは、「再生可能エネルギー」ともいわれます。

出典:なっとく!再生可能エネルギー 再生可能エネルギーを知る、学ぶ

石炭や石油など、化石燃料の様に有限なエネルギーではなく、利用しても枯渇せず、二酸化炭素などの温室効果ガスを排出しないエネルギーのことを再生可能エネルギーといいます。

再生可能エネルギーの種類

再生可能エネルギーを活用した発電方法は以下のものが挙げられています。(経産省HP参照)

f:id:nanba-r:20180828143336j:plain

出典:なっとく!再生可能エネルギー 固定価格買取制度

  • 太陽光発電(太陽エネルギーを電気に変換する発電方法)

  • 風力発電(風のエネルギーを活用する発電方法)

  • 水力発電(ダムや河川の流水を発電に活用する方法)

  • 地熱発電(高熱蒸気・熱水を活用する発電方法)

  • バイオマス発電(家畜の排泄物や生ゴミなどを燃やすなどして発電する方法)

再生可能エネルギーの特徴

大きな特徴は以下の2つです。

  • 使っても枯渇しない

  • 温室効果ガス(二酸化炭素)を排出しない

再生可能エネルギーは、設置すればエネルギーを持続的に生み出すことができ、地球環境にも優しいため、石油や石炭に変わるエネルギー源として着目され、世界的に導入が進められています。

また、日本でも同様に再生可能エネルギーの導入が推進され、固定価格買取制度(FIT法)を定めるなどの制度が2012年から開始されています。日本はエネルギー資源のほとんどを輸入に頼っているため、エネルギー自給率がかなり低い水準にあります。エネルギー自給率を向上させるためにも、再生可能エネルギーの普及を積極的に推進しています。

再生可能エネルギーは次世代のエネルギーとして期待されている

以上が再生可能エネルギーの説明になります。

環境に優しく、そして枯渇しないエネルギーは、現在のところ再生可能エネルギーしか存在しません。地球温暖化の原因となる温室効果ガス(主に二酸化炭素)を抑制し、クリーンな世界を次の世代につなげるためにも、より普及が進むことを願っています。

▼太陽光発電投資を始めるならCHANGE(チェンジ)

今なら新規登録で10ワット(約2000円分)の太陽光発電所をプレゼント中!

CHANGE(チェンジ)を使って太陽光投資を始めよう!

change-x.jp

合わせて読みたい記事はこちら

▼固定価格買取制度(FIT法)について

blog.change-x.jp

▼世界で再生可能エネルギーが注目を集める理由

blog.change-x.jp

【HPリニューアル】発電量グラフの表示方法を変更しました

f:id:nanba-r:20180828134013p:plain いつもCHANGE(チェンジ)をご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、HPトップページの発電量グラフの表示を変更しました。

▼新デザイン f:id:nanba-r:20180828134155p:plain

「昨日の発電量」と「達成率」を一目で確認できるようになりました。また、グラフの表示を「日別実績」と「日別予定」のみの表示にし、今月の発電状況をわかりやすく見ることができます。

今後もCHANGE(チェンジ)の改善を続け、ユーザーの皆さんにとっての使いやすさを目指していきます。

▼CHANGE新規登録・サインインはこちら

いまなら新規登録10ワット(約2000円分)プレゼントキャンペーン実施中!

CHANGE(チェンジ)を使って太陽光投資を始めよう!

change-x.jp

再生可能エネルギー発電促進賦課金って何?どんな仕組み?

f:id:nanba-r:20180828115718p:plain

電力会社から毎月送られてくる電気ご使用量のお知らせに「再エネ発電促進賦課金」という欄があるのをご存知でしょうか。これは一体なんのための請求なのか気になったことはないでしょうか。

今回は、この「再エネ発電促進賦課金」について解説します。

実は電気を使う全ての人が支払っている

f:id:nanba-r:20180412153341p:plain

毎月の検針票や電気ご使用量のお知らせを見ると、使った電気代金の他に「再エネ発電促進賦課金」が請求されているのがわかります。

正式名称は「再生可能エネルギー発電促進賦課金」と言い、電気の使用量に応じて請求額が決まります。また、この再エネ発電促進賦課金は、電気を使っている全ての人に請求されています。

なぜ再エネ発電促進賦課金が請求されるのか?

f:id:nanba-r:20180412134639j:plain

再エネ発電促進賦課金の目的は、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの普及を推進するために、電気を使う全ての人に請求されています。

太陽光発電や風力発電を設置したオーナーは、その設備が発電した電気を売電し、収入を得ることができます。また、国が定めた固定価格買取制度により、20年間という長い期間の買取を国が保証しています。

この20年間の買取制度を実現するための仕組みとして、電力会社は買取にかかる費用を、電気を使う私たちに請求することが許されています。それが「再エネ発電促進賦課金」という形で毎月の電気料金に請求されています。

なぜ電気を使う人に賦課金を請求してまで再生可能エネルギーを普及させたいの?

「再生可能エネルギー発電促進賦課金」がどのようなもので、毎月電気料金に請求されていることは説明しましたが、なぜ電気を使う全ての人に請求をしてまで「再生可能エネルギー」を促進するのでしょうか。

日本のエネルギー自給率は極端に低い

日本のエネルギー自給率はとても低く2015年時点でのエネルギー自給率は7.4%で、先進国の中ではとても低い水準です。

f:id:nanba-r:20180828113251p:plain

出展:2017年度版日本のエネルギー「エネルギーを知る20の質問」(経済産業省エネルギー庁 2017年12月発行)

日本は2011年の東日本大震災以降、国内で原子力発電の稼働を抑え火力発電で補っています。火力発電は石油や石炭など化石燃料を燃やして発電しますが、燃料をほとんどを輸入に頼っているのが現状です。そのため、国内で生産できるエネルギーを確保するために、エネルギー自給率の向上を目指して、再生可能エネルギーの普及を目指しています。

再生可能エネルギー発電促進賦課金まとめ

以上が再生可能エネルギー促進賦課金の解説になります。日本のエネルギー自給率を向上させるために必要なものなのですね。

再エネ発電促進賦課金ポイント

  • 電気を使う全ての人に請求されている

  • 電力会社が再生可能エネルギーを売電業者からの買取費用に使われる

  • 再生可能エネルギーを普及する目的のため存在している

再エネ発電促進賦課金を受け取る側へ

f:id:nanba-r:20180828113657p:plain

再エネ発電促進賦課金は、太陽光発電所や風力発電所のオーナーでない限り、受け取ることはできません。だからといって、家庭に太陽光発電所や風力発電所のような発電施設を設置しようと思っても、費用が高額のため導入するには難しい側面があります。

CHANGEでは、少額からでも太陽光発電所のオーナーになれる仕組みを作ることで、再エネ発電促進賦課金を"負担する側"から"受け取る側"へのチェンジを可能にしました。

▼CHANGE新規登録・サインインはこちら

今なら新規登録で約2,000円分の太陽光発電所をプレゼント中!

change-x.jp

まだ登録していない方は、早速登録して約2,000円分の太陽光発電所をGETしよう!

合わせて読みたい!記事はこちら

▼固定価格買取制度(FIT法)についてもっと知る

blog.change-x.jp

8/19〜8/25の総発電量は382.6kWh(目標比123%)でした!

▼高田町1号発電所の発電量とチェンジコインの合計

f:id:changex:20180827092716p:plain


▼発電予定と実績

f:id:changex:20180827092719p:plain


今週は目標値の123.65%発電しました。
8月も後半にさしかかりましたが、目標値を上回り順調に発電中です!
まだ厳しい残暑が続くようですので、熱中症には気をつけてお過ごしください。




▼CHANGE新規登録・サインインはこちら

change-x.jp