CHANGE(チェンジ) スマホで買える太陽光発電

CHANGEは、太陽光パネルを1ワットから購入することができ、 いつでも、どこでも、欲しい分だけ太陽光発電所のオーナーになれるサービスです。

CHANGEは、太陽光バネルを1ワットから購入することができ、
いつでも、どこでも、欲しい分だけ太陽光発電所のオーナーになれるサービスです。

20171025140952

10/14〜10/20の総発電量は197.0kWh(目標比69.48%)でした!

▼高田町1号発電所の発電量とチェンジコインの合計

f:id:changex:20181022095656p:plain


▼発電予定と実績

f:id:changex:20181022095658p:plain

今週は目標値の69.48%発電しました。

週を通して、高田町は曇りや雨の日が続き、今週も目標値を下回ってしまいました。

10月は、なかなか晴天に恵まれませんが、 晴天が続き発電量が伸びることを期待しましょう!


▼CHANGE新規登録・サインインはこちら

change-x.jp

人気の太陽光発電投資とは?本当に儲かるの?

f:id:nanba-r:20181017164957p:plain 太陽光パネルがあるお家を見かける事が多くなり、太陽光発電ってかなり身近なものになりましたよね。
ママ友達との会話でも、

「太陽光ってのせたほうがいいかな?」

という話題が出ることもしばしば。 でも、みんなイマイチわからないの声・・・

正直、それってかなりもったいない。

太陽光に興味がある主婦の皆さん!
実は太陽光発電って立派な投資なんですよ!

と声を大にして言いたいです。

そこで今回は、今大注目の太陽光発電投資についてメリットとデメリットを交えて説明します。 投資って難しそうってイメージだけど、わかりやすくお伝えしますね*

太陽光発電投資とは

太陽光で発電した電気を、電力会社に売ることで利益を得る投資のことです。

日本のエネルギー自給率はわずか6%しかなく、残り94%のエネルギーは海外からの輸入に頼っているのが現状です・・・

そこで政府は、エネルギー自給率の向上・CO2の削減などを目的として法を定め、【固定価格買取制度】をスタートさせました。

太陽光発電投資の仕組み

▲固定価格買取制度って?
《太陽光・風力・水力・地熱・バイオマス》の再生可能エネルギーで発電した電気を電力会社に20年間固定価格で買い取ることを義務付けた制度です。

この制度のおかげで太陽光発電投資の人気に火が付いた結果、発電設備などが大量生産され大幅に初期投資のコストが削減されたんですよ*

太陽光発電投資のメリット・デメリット

◯メリット→安定した収入が見込める

最大のメリット!【固定価格買取制度】があり、20年間ものあいだ売電価格が変わりません。

また、10%前後の利回りが期待できます*
これって他の金融商品と比べても高い利回りなんですよ!

◯メリット→融資を受けやすい

投資に回せるお金がなくても、融資を受けて投資をすることができます。

長期的なプランが立てやすいので、銀行からの融資が受けやすくフルローンでの投資も可能です。

◯メリット→管理が手間いらず

定期的なメンテナンスが必要ですが、太陽光パネルの知識がなくても専門業者に依頼ができるので安心*

自分で管理する手間が省けるので、子育てや仕事に追われる女性にもピッタリですね♪

▲デメリット→メンテナンス費がかかる

専門業者へ管理を委託するので、定期的にコストが発生します。 一般的には、年間で設備投資額の1%前後ががかかるようです。

また、太陽光パネルの寿命は25年前後と言われているので、修繕費用も必要になりますね。

▲デメリット→天候で発電量が左右される

曇りや雨の日が続けば発電量は減少してしまいます。 降雪量が多い地域も要注意!

土地選びは慎重に行うことが大切です*
台風や地震など、災害のリスクもあるので適切な保険に加入する必要もあります。

▲デメリット→制度終了後が不安

2012年に制度が始まったばかりなので、買い取り期間が終わった後どうなるかがはっきりとわかりません。

「電力会社買い取ってくれなくなるんじゃないの?」と不安に思いますよね・・・

しかし、《電力自由化》が始まったことで売電先の選択肢が広がり、20年後も売電可能と言われているので安心して下さいね*

まとめ

いかがでしょうか?
子供の教育費や将来の資産形成に不安な主婦のみなさんにおすすめしたい安定した投資です*

「でもいきなり大口の投資は怖い・・・」

という方には、面倒なメンテナンスはナシ!少額で夢の太陽光発電のオーナーになれる投資も知ってもらいたいです♪

▼太陽光発電投資を始めるならCHANGE(チェンジ)

今なら新規登録で10ワット(約2000円分)の太陽光発電所をプレゼント中!

CHANGE(チェンジ)を使って太陽光投資を始めよう!

change-x.jp

10/7〜10/13の総発電量は234.5kWh(目標比82.71%)でした!

▼高田町1号発電所の発電量とチェンジコインの合計

f:id:changex:20181015094011p:plain

▼発電予定と実績

f:id:changex:20181015094017p:plain

今週は目標値の82.71%発電しました。

先週に引き続き目標比80%台の発電量ですが、昨年並、もしくはそれ以上の発電量となっています!


▼CHANGE新規登録・サインインはこちら

change-x.jp

地熱発電って何?どうやって発電しているの?わかりやすく解説

f:id:nanba-r:20181009225909p:plain みなさんは《地熱発電》についてどのくらい知っていますか?

「地熱発電ってあまりイメージがわきにくい…」

という方が大多数だと思います。
今、注目されている再生可能エネルギーの中でもあまり認知度がない地熱発電ですが、実は地球に優しくメリットがいっぱい!

お子さんをお持ちのママにぜひ知って頂きたいので、わかりやすく解説しますね*

地熱発電って?

地熱発電は、地下にあるマグマの熱エネルギーを利用して電気を作ります。
身近になってきた《太陽光や風力》と同じ再生可能エネルギーなんですね*

環太平洋火山帯に属する日本はなんと…世界3位の地熱資源大国!
まさに、火山大国である日本に適している発電方法なのです!

地熱発電の仕組み

地熱発電は、大きく分けて2種類あります。

►フラッシュ方式
地下から200度以上の蒸気を取り出し、タービンと呼ばれる発電機を回して発電をする方法です。
現在の日本で最も利用されているんですよ。

►バイナリー方式
地下から取り出した蒸気と熱水で、有機物質を温めて作り出した蒸気でタービンを回し発電する仕組みです。
フラッシュ方式よりも低い温泉の熱でも発電できるため、短い開発期間で低コストという利点があるので注目されています。

地熱発電のメリット・デメリット

◯ メリット→公害を発生させない

発電時には大気汚染の原因となるCO2を排出しないので、地球にとっても優しいのです!
最もクリーンな発電方法の一つで、地球温暖化の軽減に効果的なんですよ。
子育てママにとって、これは安心できますね*

◯ メリット→発電が安定している

天候で発電量が左右される太陽光発電や風力発電と違い、天候や時間帯に関わらず発電ができます。
24時間連続して発電することができる安定した電源なのです。

◯ メリット→資源が豊富

先ほども言った通り、日本は世界3位の地熱資源大国なんです。
石油や天然ガスのように輸入に頼ることなく、純国産のエネルギーを利用できます。

▲ デメリット→環境への影響

地熱発電の建設予定地のほとんどは、なんと温泉地や国立公園。
源泉の量が減少したケースも報告されていますし、発電所の白煙で景観を損なってしまいます…これは観光業にとって大ダメージ。

▲ デメリット→建設コストが高い

地質調査や開発にたくさんのお金と時間がかかってしまうので、コストパフォーマンスが良くありません。
なんと、調査から発電までに10年もかかってしまうようです!

まとめ

地熱発電についてメリットとデメリットを合わせてご紹介しました。
火山大国の日本にとって資源が豊富で安定して発電ができる利点がある一方、環境問題や建設コストの問題がありましたね。

しかし、子供達の未来のためにも自然に優しいエネルギーに越したことはありません。
《太陽光発電や風力発電》と合わせて、持続可能なクリーンエネルギーにシフトチェンジしていきたいですね!

▼太陽光発電投資を始めるならCHANGE(チェンジ)

今なら新規登録で10ワット(約2000円分)の太陽光発電所をプレゼント中!

CHANGE(チェンジ)を使って太陽光投資を始めよう!

change-x.jp

9/30〜10/6の総発電量は241.8kWh(目標比86%)でした!

▼高田町1号発電所の発電量とチェンジコインの合計

f:id:changex:20181009093259p:plain

▼発電予定と実績

f:id:changex:20181009093313p:plain

今週は目標値の86.63%発電しました。

台風の影響もあり目標値を下回る結果となってしまいましたが、晴天の日には目標値の150%を超える発電量となっています!


▼CHANGE新規登録・サインインはこちら

change-x.jp

5分でわかる太陽光発電のメリットやデメリット

f:id:nanba-r:20180927115433p:plain

太陽光発電は、太陽エネルギーを太陽電池を使うことで電気に変換する発電方法です。ソーラー発電とも呼ばれ、発電容量が大きい太陽光発電所はメガソーラーとも呼ばれます。

今回は、この太陽光発電のメリット・デメリットを一緒に紹介します。

目次

太陽光発電とは

名前の通り、太陽光を用いて発電をする発電方法です。太陽が太陽光パネルに当たると発電し、太陽がなければ発電しません。

石炭や石油などの化石燃料を必要としないため、火力発電に変わる発電方法として期待されています。二酸化炭素を排出すること無く発電ができるのも特徴で、環境に良く積極的に普及が進んでいます。

発電設備は、主に太陽電池とパワーコンディショナーが用いられます。電卓や時計などの身近な電気機器への使用から、家庭の屋根に発電設備を取り付け、自宅用の電源としての使用もされてます。近年では設備コストが下がったこともあり、遊休地や広い敷地へ大規模の太陽光発電所を建設し、産業用としての発電設備の設置も普及しています。

太陽光発電のメリット

太陽光発電のメリットを以下のように並べてみました。再生可能エネルギーでの太陽光を使った発電方法のため、故障や周囲への悪影響が比較的少ないです。個人的に得られるメリットのほか、日本のエネルギー自給率向上に繋がるなど、社会的なメリットに繋がるのも大きなメリットと言えますね。

設置や設備のメリット

  • 稼働する箇所がないため、故障が起こりにくい
  • 発電する時に、騒音・振動、廃棄物や排水・排気が発生しない
  • 昼間に発電ピークが訪れるため、需要ピークの削減につながる
  • 建物の屋根、壁などに設置することも可能
  • 蓄電池などを設置することで、非常用電源として利用もできる

社会におけるメリット

  • 日本のエネルギー自給率を上げる
  • 発電に化石燃料を利用しないため
  • 二酸化炭素などの温室効果ガスを排出しないため、地球環境に優しい

太陽光発電のデメリット

太陽光発電のデメリットです。自然の力を利用して作る電気のため、天候に左右されてしまいます。さらに大きな課題としては、面積当たりの発電量が現在主力の火力発電と比べて小さいことです。設置にかかるコストが国内ではまだまだ割高な点も課題になります。

設備におけるデメリット

  • 直流から交流に変える装置(パワーコンディショナー)が必要となる
  • 設置面積当たりの発電量が、火力発電や原子力発電に比べて小さい
  • 発電設備の設置コストが割高
  • 夜間は発電しない
  • 天候状況によって発電量が変動する
  • 高温時には発電量が下がってしまう
  • 影や汚れなど影になると発電量が低下する

環境におけるデメリット

  • 自然環境や景観へ影響がでる(森林を伐採して設置した場合)
  • パネルが反射した光で人家に影響が出ることもある

導入への課題はあるが期待値は高い

太陽光発電は発電量が天候に左右されたり、安くなったとはいえ設備コストがまだまだ割高であるなどの課題があります。ですが、日本は国内で使用するエネルギー資源のほとんどを海外から輸入していて、国内で作るエネルギーの割合が非常に小さいことも大きな問題になっています。

日本のエネルギー自給率が低い現状を打開するために、自然の力を利用して電気を作る再生可能エネルギーには期待が寄せられています。太陽光発電などの再生可能エネルギーを増やすことは、自然の力で作るエコでグリーンなエネルギーを増やし、日本のエネルギー自給率の向上に繋がっていきます。

国内でも再生可能エネルギーの普及に向けての流れができており、制度も出来上がっています。導入に向けての課題はありつつも、未来のエネルギー問題の解決につながるという社会的なメリットを考えると導入を進めるのは納得できるものではないでしょうか。

▼太陽光発電投資を始めるならCHANGE(チェンジ)

今なら新規登録で10ワット(約2000円分)の太陽光発電所をプレゼント中!

CHANGE(チェンジ)を使って太陽光投資を始めて再エネ向上運動へ参加しよう!

change-x.jp

合わせて読みたい記事はこちら

▼固定価格買取制度(FIT法)について

blog.change-x.jp

▼世界で再生可能エネルギーが注目を集める理由

blog.change-x.jp

タービンで発電する仕組みってどうなってるの?

f:id:nanba-r:20180831194717j:plain

火力発電所、水力発電所、原子力発電所では、タービンを回して発電をしています。では、なぜタービンを回転させると電気が発生するのでしょうか。

今回は、タービンが発電する仕組みについて解説します。

タービンとは?

風車や水車の様に、風(空気)や水が流れているエネルギーを、車輪や羽に当て機械的なエネルギーに変換させる機械の総称をタービンと言います。

タービンを回す方法は、空気や流水の他にも、蒸気やガスによって回してエネルギーに変えている方法もあります。

タービンが回ると発電するのはなぜ?

タービンには発電機がつながっていて、タービンと同時に発電機が回ることで電気が発生する仕組みになっています。

f:id:nanba-r:20180831171913p:plain

発電機は磁石とコイルでできていて、磁石を回転させることで電磁誘導を起こし発電をする仕組みです。

火力発電では、燃料を燃やして蒸気を発生させたチカラでタービンを回し、水力発電は高い位置から水を流し、その流れを利用してタービンを回して発電をさせます。

このように、タービンを回すことで発電機から電気を発生させています。

▼太陽光発電投資を始めるならCHANGE(チェンジ)

今なら新規登録で10ワット(約2000円分)の太陽光発電所をプレゼント中!

CHANGE(チェンジ)を使って太陽光投資を始めよう!

change-x.jp

合わせて読みたい記事はこちら

▼タービンが存在しない太陽光発電が発電する仕組みは?

blog.change-x.jp