CHANGE(チェンジ) スマホで買える太陽光発電

CHANGEは、太陽光パネルを1ワットから購入することができ、 いつでも、どこでも、欲しい分だけ太陽光発電所のオーナーになれるサービスです。

CHANGEは、太陽光バネルを1ワットから購入することができ、
いつでも、どこでも、欲しい分だけ太陽光発電所のオーナーになれるサービスです。

20171025140952

太陽光発電「投資」としての4つのメリット

f:id:nanba-r:20180831155202p:plain 太陽光発電所オーナーの多くは、投資を目的として購入している人がほとんどです。「お金が稼げる」というメリットが大きくありますが、太陽光発電投資には他にどのようなメリットがあるのでしょうか。

今回は、太陽光発電投資の4つのメリットを紹介します。

太陽光発電投資の4つのメリット

メリット1:利回りが高い

太陽光発電投資の一番大きなメリットとして、高利回りであることがあげられます。

太陽光発電の利回りは10%前後が当たり前となっており、例えば、土地付きの太陽光発電所を2,000万円で購入した場合、利回り10%の場合では10年で元手を回収することができます。発電規模が10kW以上の太陽光発電所は、20年間の買取期間が国から保証されているため、10年で元手を回収し、後の10年間は全て収入に繋がります。

天候に左右されたり、地域や設置場所によって状況が変わるため、一概に全てに当てはまるということは言えませんが、それでも10%前後の利回りは他の投資案件と比べて高い水準にあります。2018年までに、買取価格が年々下落しているという事実もありますが、まだまだ投資案件として太陽光発電は健在しています。

メリット2:メンテナンス費・改修費が少ない

太陽光発電所は機械として動作する可動部品がありません。このため機械の故障による稼働停止や修理の危険性が低くなります。また、昨今ではパネル自体の耐久性も飛躍的に向上しているため、メンテナンスや改修にかかる費用が少なくて済みます。

定期的なパネルの清掃や草刈りなどの対策は必要となりますが、それでも多くの人手を必要としないため、メンテナンスに掛けるランニングコストは少なく済むといえます。業者などに依頼することもできるため、やり方次第で手間を省くこともできます。

メリット3:固定買取制度だからローリスク

太陽光発電などの売電のルールは、固定価格買取制度(FIT法)という国が定めた制度に沿って行われます。売電期間についても、この制度に沿って決定され、発電規模10kW以上の太陽光発電所は20年の売電期間と定められています。

ここでのポイントは国が20年間という売電期間を保証してくれているという点です。この制度は、太陽光発電などの再生可能エネルギーを普及させるため導入された制度で、日本のエネルギー自給率向上を目指して定められました。20年間という長い期間の売電を保証することで、収支計画を立てやすくなり導入をしやすくなることを狙って定められています。

メリット4:空室リスクもなく安定収入を見込める

太陽光発電投資では不動産投資と比べ、空室リスクや家賃の不払いなどを心配する必要がありません。天候や季節によって日照状況が変わってくるため、月の収入に変動はありますが、基本的にはシミュレーション通りに発電していくので、急に収入が激減するということは通常ではありえません。

太陽光発電投資はローリスクで長期投資をするのにおすすめ

以上4つが太陽光発電投資のメリットになります。

まとめると以下の通りになります。

  • 利回りが高い

  • メンテナンスや改修費が少ない

  • 固定買取制度でローリスク

  • 安定収入を見込める

もちろん、盗難や事故などのリスクも存在しますが、そういったものも踏まえても長期的に安定収入が得られるという点はかなり魅力的ではないでしょうか。

長期的な未来を見据えて投資を行うにはおすすめの投資方法になりますね。

▼太陽光発電投資を始めるならCHANGE(チェンジ)

今なら新規登録で10ワット(約2000円分)の太陽光発電所をプレゼント中!

CHANGE(チェンジ)を使って太陽光投資を始めよう!

change-x.jp

合わせて読みたい記事はこちら

▼固定価格買取制度

blog.change-x.jp

▼売電の価格が下がってもメリットが有るのか気になる方

blog.change-x.jp