CHANGE(チェンジ) スマホで買える太陽光発電

CHANGEは、太陽光パネルを1ワットから購入することができ、 いつでも、どこでも、欲しい分だけ太陽光発電所のオーナーになれるサービスです。

CHANGEは、太陽光バネルを1ワットから購入することができ、
いつでも、どこでも、欲しい分だけ太陽光発電所のオーナーになれるサービスです。

20171025140952

パワーコンディショナーって何?太陽光発電所の重要な役割とは

f:id:nanba-r:20180507182541p:plain 今回は、パワーコンディショナーについて説明します。

太陽光発電所というと、パネルや配線を多く思い浮かべると思いますが、実はこのパワコンがなければ売電したり、家の中で電気を使うことができません。では、このパワコンが太陽光発電所の中でどんな役割を果たしているのか一緒に学んでいきましょう。

パワーコンディショナーとは

パワーコンディショナー(略:パワコン)は、太陽光パネルが発電した電気を「使える電気」に変換する機械です。

太陽光パネルが発電した電気は直流なので、身の回りで使うためには、交流に変換する必要があります。電柱に流れている電気も交流なので、直流のままでは売電することもできません。パワーコンディショナーを通すことによって、直流の電気を家庭で使える交流へと変換することができます。

パワーコンディショナーは、太陽光発電にとって重要な役割を担っています。また、変換させるだけでなく、電力会社へと電気を安定して出力する役割もあるため、とても重要な部品なんですね。 f:id:nanba-r:20180508200302p:plain

パワーコンディショナーができること

パワーコンディショナーには、直流を交流に変える他にも、重要な機能があります。

発電量を安定的に最大化する機能

太陽光発電は天気に左右される発電方法です。曇りや雨の日にも発電はしますが、やはり晴れの日に比べたら不安定になります。そんな不安定な発電量の時でも、最大の発電量になるようにパワーコンディショナーが調整してくれます。*1

系統連系保護機能

再生可能エネルギーにおける系統連系とは、電力会社の送電網と発電設備をつなぐことを言います。電力会社は、電気を安定供給するために、電圧や周波数を一定に保って送電をしています。この電圧や周波数に影響が出ると、安全に電気が使えなくなってしまいます。

発電した電気を、パワーコンディショナーを通さずそのまま送電してしまうと、周波数や電圧が変化し、トラブルを起こしてしまいます。それを守るための機能が系統連系保護機能です。パワーコンディショナーを通すことによって、安全に電気を送電するとともに、周囲の電気を使う人たちも安全に使えるようになります。

まとめ

パワーコンディショナーについてご紹介しました。太陽光発電において、とても重要な役割を担っていて、なくてはならない存在です。

このパワーコンディショナーがあることで、安心して太陽光発電を続けることができるんですね。

今後も太陽光発電についてご紹介していきます。


▼CHANGE(チェンジ)〜スマホで買える太陽光発電〜 はこちら change-x.jp

*1:MPPT(最大電力点追従制御)と呼ばれる機能のことを言う。