CHANGE(チェンジ)公式ブログ

パネル1枚・1ワットから始める太陽光発電

20171025140952

高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉は困難を伴うようです

mainichi.jp

廃炉が決まっている高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、原子炉容器内を満たしている液体ナトリウムの抜き取りを想定していない設計になっていると、日本原子力研究開発機構が明らかにした。放射能を帯びたナトリウムの抜き取りは廃炉初期段階の重要課題だが、同機構が近く原子力規制委員会に申請する廃炉計画には具体的な抜き取り方法を記載できない見通しだ。

毎日新聞2017年11月29日 より

昨日のニュースです。

高速増殖原型炉「もんじゅ」は、冷却液にナトリウムを使用しています。ナトリウムは、空気に触れると発火するという性質を持っています。

このため、廃炉に際しては、ナトリウムを安全に排出する必要がありますが、劇薬であるため簡単ではありません。

通常の原子力発電所でも、廃炉が完了した原子炉は無いわけですが、高速増殖原型炉となると、原料により毒性の強いプルトニウムを使用していることや、冷却液にナトリウムを使用していることがネックとなり、どのぐらいの費用や期間がかかるのかも見当がつかないというのが実情なようです。

完全に密封された高速増殖炉とはいえ、経年劣化は避けられないでしょうから、いつかは廃炉なり交換なりといった作業が必要になるはずです。

原子力機構幹部は取材に対し「設計当時は完成を急ぐのが最優先で、廃炉のことは念頭になかった」と、原子炉容器内の液体ナトリウム抜き取りを想定していないことを認めた。炉内のナトリウムは放射能を帯びているため、人が近づいて作業をすることは難しい。

原子力機構幹部の発言とは思えない杜撰なものとなっていますが、少なくとも経年劣化による自然決壊が起きる前に、危機的状況が把握できただけでも良かったといえるでしょう。

原子力発電の危険性を私たち人類は未だに把握しきれていないのかもしれませんね。

今後の動向に注目が寄せられます。