CHANGE(チェンジ)公式ブログ

パネル1枚・1ワットから始める太陽光発電

20171025140952

千葉市緑区高田1号発電所を紹介します!

現在、CHANGE(チェンジ)で発売中の太陽光発電設備「千葉市緑区高田町1号発電所」です。

CHANGE(チェンジ)では、商業規模の発電設備を設営し、1ワット単位で購入できるよう分割した形で販売しています。この設備は、12,480ワットの発電能力を有しており、既に東京電力さんとの接続工事も終わり、発電を開始した状態となっております。

12,480ワットという容量は、商業発電としては小規模な設備となりますが、それでも一般家庭用の太陽光パネルと比べると、数倍以上の大きさになっています。設備を支える架台の高さも3メートル以上あり、1階建ての建物の屋根と同じぐらいの位置にパネルが設置されています。

f:id:changex:20171019143537j:plain

サイズ感がわかりにくいかもしれませんので、私が隣に立った状態で写真を撮りました。大きさが分かっていただけると思います。

f:id:changex:20171019143522j:plain

上方から撮ったパネルの写真です。この設備ではジンコソーラー製の高効率260ワットパネルを48枚使用しています。

f:id:changex:20171019143554j:plain

正面からの写真です。設備の下に設置されている小屋は、椎茸の栽培所です。CHANGE(チェンジ)で取り扱う太陽光発電設備は、「ソーラーシェアリング」と呼ばれる、ソーラーパネルと農業を併用して行う方式を採用しています。これにより、耕作放棄地を再利用して有効活用し、地域の農業を活性化させたり、太陽光発電設備の設備維持を手厚く行えるなど、様々なメリットがあります。CHANGE(チェンジ)では、再生エネルギーの普及と同時に、衰退する日本の農業を再生する一案として、地域の方々の注目と期待を集めています。

f:id:changex:20171019143616j:plain

CHANGE(チェンジ)では、こちらの設備を最小1ワットから絶賛発売中です!