CHANGE(チェンジ) スマホで買える太陽光発電

CHANGEは、太陽光パネルを1ワットから購入することができ、 いつでも、どこでも、欲しい分だけ太陽光発電所のオーナーになれるサービスです。

CHANGEは、太陽光バネルを1ワットから購入することができ、
いつでも、どこでも、欲しい分だけ太陽光発電所のオーナーになれるサービスです。

20171025140952

余った電気を売電!余剰買取制度について詳しく解説

f:id:nanba-r:20180606195223p:plain 太陽光発電システムを導入すると、発電した電気を電力会社に売ってお金を得ることができます。

住宅の屋根に太陽光発電システムを導入する場合には、「余剰買取制度」という、発電した電気から自宅で使った電気を差し引いて売電する方法が適用されていますが、今回はこの「余剰買取制度」について詳しく解説して行きます。

余剰買取制度は余った電気を売る制度のこと

f:id:nanba-r:20180606160228p:plain

余剰買取制度は、太陽光発電で発電した電力のうち、自宅で使い切れずに余った電気を電力会社へ売電できる制度のことです。

朝や夜は電力会社が供給する電気を使い、昼間は太陽光で発電した電気を使いながら、使い切れずに余った分は電力会社に売電できます。節電と収入を同時に叶えることができるメリットに加え、停電時の緊急電源としても機能するので、設置する家庭も増えています。

発電規模10kW未満の太陽光発電システムが該当する

太陽光発電の売電制度は2種類の「余剰買取制度」と「全量買取制度」に分かれています。この二つの制度は発電規模によって分けられ、10kW未満が余剰買取10kW以上が全量買取になります。

住宅の屋根に設置する場合は、発電規模4kW〜6kWが一般的で、相当広い屋根や敷地に建設しない限り余剰買取制度が適用になります。

ちなみに、全量買取制度というのは、太陽光発電システムが発電した電気全てを売る仕組みのことです。

売電期間は10年間で単価も固定

余剰買取制度の買取期間は、買取を開始した時点から10年間で、買取価格も買取開始時の値から10年間固定になります。

これは、太陽光発電システムの普及を促進するために国が定めたもので、設置をした人が損をしないように、このような制度(固定価格買取制度)が作られました。

実際に、屋根に太陽光発電システムを設置するには、大体200万円前後の費用がかかるので、決して安い買い物とは言えません。しかし、この制度があることで、9年〜11年でその費用が回収できるように設計できるようになりました。

この制度が施行され、2011年に比べて2016年には倍の太陽光発電システムが導入されています。

f:id:nanba-r:20180606182504p:plain

出展:太陽光発電を取り巻く状況と今後の展望

平成29年6月8日:一般社団法人 太陽光発電協会

電力が買取るお金は、全国民が負担している

電気の買取は電力会社が行っていますが、買取にかかる費用の負担は電力会社ではなく、電気を使う国民全員で負担しています

電気料金の検針票を見た時に「再エネ発電促進賦課金」の欄を見たことはあるでしょうか。 f:id:nanba-r:20180412153341p:plain

再エネ賦課金は、再生可能エネルギーの普及を実現するために、電力会社が買い取った費用を、電気を使う全ての人で負担するという制度で、電気を使う全ての人に請求されています。単価は全国一律で決められていて、電気料金と一緒に合算されて請求されています。

f:id:nanba-r:20180412152425j:plain

出展:経済産業省 資源エネルギー庁

つまり、太陽光発電をする人ももちろん、しない人も買取にかかる資金を支払っているのです。

エネルギー資源のほとんどを輸入に頼っている日本のエネルギー問題を解決するために、太陽光発電などの再生可能エネルギーを普及させないといけないのは国民全体の問題とはいえ、電気料金の負担が増えるのは気になるところですね。

余剰買取制度まとめ

  • 発電した電気から使った電気を差し引き余った分を売電できる制度

  • 売電期間は10年間

  • 売電単価も10年間変更なし

  • 適用される発電規模は10kW未満

  • 買取費用は国民全体で負担している

以上が太陽光発電の中の「余剰買取制度」の説明になります。

次回は、発電規模10kW以上の「全量買取」について解説していきます。

太陽光発電が初めての方はCHANGE

f:id:nanba-r:20180606192944p:plain

  • 太陽光発電を導入したいけど、初めてだから心配

  • 屋根に設置したいけど初期費用が気になる

  • 10年の余剰買取でなく、20年の全量買取にしたい

  • 広い土地がないから、10kW以上の設備は諦めている

こんな悩みを抱えている方は、まずはCHANGEで太陽光発電を始めてみませんか。

CHANGEは、アカウント登録のみで太陽光発電所を1ワット100円単位から購入できるサービスです。

屋根設置よりも売電期間が10年長い低圧太陽光発電所を1ワット単位で分譲しているから、少額でもしっかり利回りをあげることができます。

売電期間は20年間、購入したパネルは私たちが責任を持って管理するので、草刈りや見回りのメンテナンスも不要です。

今ならリターン率200%越えの商品がすぐに購入可能!

現在販売中の、千葉市緑区高田町1号発電所では、シミュレーションよりも10%多く発電しており、このペースで発電すると最終的な売上見込みは220%を超える予測です。

残りワット数は2398W(約50万円分!)です。あとわずかですので、ご購入はお早めに。

▼CHANGE(チェンジ)〜スマホで買える太陽光発電〜 はこちら change-x.jp

住宅太陽光の市場が回復傾向にあるようです

スマートジャパンから以下のようなニュースが発表されました。

www.itmedia.co.jp

ポイントとしては

  • 住宅用太陽光発電システムの販売動向は、2017年度は21万2000件だったが、2018年度は21万5000件に回復すると予測していること
  • 既築は微減傾向にあり、そのため新築既築比率は2017年度に新築割合が5割超えとなっていること

です。

さらに記事中では低圧太陽光発電の動向も取り上げられ、FIT価格の下落とともに、減少傾向になると予測されています。

しかし、FITの買取価格は下がっているものの

  • 設備費も下がっていること
  • 利回りは10%〜12%を維持すること

が紹介されていて、規模は減少するものの今後も投資案件として存在していくと紹介されています。

今後は新築の住宅を建築する際には、太陽光を載せることが当たり前になるのかもしれませんね。

また、低圧太陽光発電も減少傾向にありつつも、20年間の売電収入が国から約束され高利回りメンテナンスも簡単投資初心者に最適という魅力的なメリットを持った投資案件であるということは今後も引き続いていくことが予想されています。

少額太陽光発電投資ならCHANGE

低圧太陽光発電投資は、たくさんのメリットがあるものの、約2000万程度の初期費用が必要になります。

CHANGEなら、少額(100円単位)から太陽光発電所を購入でき、年間にかかるメンテナンスや手間も一括でお任せできるサービスです。

アカウント登録のみですぐに購入できるため、これから将来に向けた資産形成を考えている方も、子供や家族の将来のために資産運用を考えている方も、低圧太陽光発電投資をいますぐ簡単に始めることができます。

今ならリターン率200%越えの商品がすぐに購入可能!

現在販売中の、千葉市緑区高田町1号発電所では、シミュレーションよりも10%多く発電しており、このペースで発電すると最終的な売上見込みは220%を超える予測です。

残りワット数は2398W(約50万円分!)です。あとわずかですので、ご購入はお早めに。

▼CHANGE(チェンジ)〜スマホで買える太陽光発電〜 はこちら change-x.jp

【一棟売り案件】佐倉市坪山新田6号発電所が成約となりました

f:id:nanba-r:20180601182601p:plain いつも、スマホで買える太陽光発電CHANGE(チェンジ)をご利用いただきありがとうございます。

一棟売りの「佐倉市坪山新田6号発電所」が成約となりました。大変ありがとうございます。

CHANGEで販売中の一棟売り案件は、6号発電所と同条件の「佐倉市坪山新田3号発電所」のみとなりました。ご検討中の方や、詳しい情報について知りたい方は、お早めにお問い合わせください。

▼佐倉市坪山新田3号発電所の情報はこちら

change-x.jp

▼CHANGE新規アカウント登録・サインインはこちら

change-x.jp