CHANGE(チェンジ)公式ブログ

パネル1枚・1ワットから始める太陽光発電

20171025140952

火力発電による悪影響について

温室効果ガスの排出量は国内の約40%

火力発電では、主に石油や石炭、天然ガスを燃料として燃やし、電気を生み出します。その際に、大量のCo2を排出します。火力発電による温室効果ガスの発生量は、日本全体の約40%に達する量です。

f:id:changex:20171025114721p:plain
環境省: 2014年度(平成26年度)温室効果ガス排出量 より

特に石炭による火力発電では、窒素酸化物(NOx)や硫黄酸化物(SOx)も排出されるため、健康への影響が懸念されます。

【プレスリリース】新規・既存の石炭火力発電のCO2排出へ早急な対応を ~新規建設で1億トン超のCO2排出、既存排出も大~(2015/4/9) | 地球温暖化防止に取り組むNPO/NGO 気候ネットワーク

火力発電の費用は年間7.5兆円

火力発電は、石油や天然ガスを燃やして電力を得るため、大量の燃料を必要とします。特に2011年以降は、停止した原子力発電所の発電分を補うため、年間3兆円以上の燃料費の増加が発生しており、総額では7.5兆円以上の費用を必要としています。

f:id:changex:20171025112244p:plain
総合資源エネルギー調査会 原子力小委員会第3回会合 参考資料1[PDF] より

この費用は、国民に転嫁されています。経済産業省が公表している資料によると、一般家庭の電気料金は、震災後実に25%も値上がりしているようです。内訳は、色々ありますが、主たる原因は、火力発電所の炊き増しによる燃料費とされています。

f:id:changex:20171025112519p:plain
電気料金の水準 - 経済産業省[PDF]より

火力発電との付き合い方を考える

このように、火力発電は大量のCo2を排出しながら、莫大な費用を掛けて、日々発電をしています。

様々に問題のある発電方式ではありますが、現状日本国内の膨大な電力需要を満たす電力源として無くてはならない存在であることも確かです。

長期的な視野に立ち、少しずつでも火力発電による電力供給を減らしていき、環境や財政に対する影響を少なくしていくことが重要となってきます。

菌床椎茸がどんどん収穫されています

さて、1ワットからの太陽光発電所「チェンジ」で運営している太陽光パネルは、営農法と呼ばれる農業と並行して発電を行う方式です。

現在販売中の千葉市緑区高田町1号発電所パネル下で栽培している椎茸ですが、早くも収穫されはじめています。

こちらを御覧ください。まるまるとした肉厚の椎茸が育ちました。

現在、収穫を行い袋詰する作業を進めています。

こちらの椎茸、CHANGE(チェンジ)を50ワット以上ご購入の方に、プレゼントしています!

美味しくって環境にも良い、CHANGE(チェンジ)を是非ご購入下さい。

f:id:changex:20171024152341j:plain

f:id:changex:20171024152347j:plain

f:id:changex:20171024152334j:plain

太陽光発電と環境の話

太陽光発電のメリットは、何と言っても環境への影響の少なさです。

太陽光パネルは、製造時や輸送時にCo2を排出するものの、発電時のCo2排出量はゼロです。そのため、温暖化への影響は、火力発電と比べて非常に少なくなっています。

下記は、発電の方式別のCo2排出量のグラフです。「直接」というのは、発電時に燃料を燃やすなどして発生するCo2排出量で、「間接」というのは、製造などの工程で発生するCo2排出量です。(電中研ニュースNo.468より)

こうして見ると、風力や太陽光発電などの再生可能エネルギーと水力発電は、発電時にCo2を排出せず、製造時のCo2も(火力と比較して)極微量だといえます。

同様に発電時にCo2を排出しないとされている原子力発電ですが、温排水の問題や、高レベル放射性廃棄物など、別の意味で、環境やわたしたちの生活に与える影響が少なくありません。

こちについては、また別の日に改めてご紹介したいと思います。

グリーンエネルギー政策への参加とは?

CHANGE(チェンジ)で販売される、太陽光発電設備は、すべて政府が推進する「再生可能エネルギーの固定価格買取制度(通称FIT)」による認定を受けています。

太陽光発電設備の売電金額は、FITにより1kWh(1000Wh)あたりの買取金額が、20年間固定されることが保証されます。

これは、市価で買い取りを行う場合の金額より高い金額で電力会社に買い取ってもらうことで、再生可能エネルギーの普及を推進するための取り組みです。これにより電力会社は、より多くの買取金額を発電業者に支払わなければならないため、買取費用が利益を圧迫しそうですが、そうはなりません。この制度の原資は「再生可能エネルギー発電促進賦課金」というかたちで、みなさんが利用している電気料金に上乗せされています(現在2.25円/kWh)。

つまり、再生可能エネルギー推進に必要な上乗せ価格は、月々の電気料金に上乗せされる形で私達が負担しているということになります。

そういった意味では、現状でも電力を利用するすべての人が、政府の新エネルギー政策に参加している事になりますが、ソーラーパネルを所有することにより、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」の受け取り側として、この制度に参加することができるようになります。

「そもそも再生可能エネルギー推進なんてやらなければ良いんじゃないの?」という疑問もあると思いますが、原発が停止している現在、日本の電力の9割以上が、石油・石炭・天然ガスなどの火力発電所によっ賄われています。それらの化石燃料はCo2を排出するだけでなく、年間7兆円以上もの金額を支払って産油国より購入しています。

f:id:changex:20171023175033g:plain
経済産業省「エネルギー白書2017」より

これを少しでも少なくしていくことは、日本のエネルギー戦略上避けて通ることができません。

そして、火力発電以外の電力供給手段としては、「水力」「原子力」「再生可能エネルギー」となるわけですが、この内、水力については、既に国内のダムは飽和状態にあり、これ以上増やすことはできません。原子力については、皆さん御存知の通り、現在殆どの原子力発電所が停止しており、今後再稼働したとしてもリスクがつきまといます。

そう考えると、消去法として、この先拡大していく余地が残されている発電方式としては「再生可能エネルギー」しかないということがわかると思います。

CHANGE(チェンジ)では、より多くの皆様に「再生可能エネルギー」に親しんでいただき、将来の日本のエネルギーについて知って頂く機会が増えていけばと考えています。

椎茸が収穫できました!

なんと、栽培から1週間足らずで、最高の状態に成長した椎茸が収穫できました!

見て下さい。この肉厚な椎茸を!

f:id:changex:20171020153401j:plain

量りで重さを量ると、約30グラム。ちょうど食べごろの大きさだそうです。

椎茸づくりを教わっている農家さんの話では、丁寧な世話と、ちょうどよい気候のおかげではないか?とのことでした。

毎日芽かきした甲斐がありました。

f:id:changex:20171020153413j:plain

早速網焼きにして試食しましたが、肉厚で美味しい椎茸に育っているとのことです。

まだ、1個2個の収穫ですが、これからどんどん採れていくと思います。

今ならまだ間に合います!

CHANGE(チェンジ)を50ワット以上お買上げの方に、こちらの肉厚な最高の椎茸を発送させていただきます!

お買上げはこちらまで↓

app.change-x.jp

よろしくお願いします。

「CHANGE(チェンジ)」の理念

わたしたち株式会社チェンジ・ザ・ワールドが、創業以来携わってきた太陽光発電事業は、発電時にCo2を排出しないクリーンなエネルギーです。

また、一度設置された太陽光パネルは、太陽の差す限り、20年以上に渡り継続的にエネルギーを生産し続ける「エネルギーの畑」として、日本のエネルギー政策に無くてはならない存在であるという信念を持っております。

これからの少子高齢化を考えると、残念ならが現在、日本の国力は衰退局面にあります。将来を担う子どもたちに、そして、わたしたちの老後の蓄えに、少しでもクリーンで自給可能なエネルギー資産を残すことが、わたしたちの使命だと考えています。

現状、メガソーラーと呼ばれる大規模発電装置は、初期投資費用が大きく、一部の大企業や裕福な投資家のためのものとなっています。

一基数千万から数億円となるような発電装置をわたしたちが購入するのは難しいでしょう。

わたしたちは、少しでも多くの方に太陽光発電への関心と参加を呼び掛けるべく、設置済みの大規模太陽光発電装置を最小1ワットからの気軽さで購入できるように分譲販売しております。

太陽光発電設備の分譲販売を行っている業者様は他にも数多くありますが、1ワット単位に分割して購入できるのは、わたしたちの「CHANGE(チェンジ)」だけです。

現在販売している、「千葉市緑区高田町1号発電所」の1ワットあたりの価格は202円となっています。

子供のお小遣いでも買える価格。誰かに気軽にプレゼントし合えるような価格。このような理念を持って、価格設定しております。

CHANGE(チェンジ)により、少しでも再生可能エネルギーへの取り組みに参加する人が増えていって欲しい。それが、CHANGE(チェンジ)を支える理念であり、わたしたちの夢です。

f:id:changex:20171019143522j:plain
チェンジで販売中の千葉市緑区高田町1号発電所

芽かき

1ワットからの太陽光発電所「チェンジ」で運営している太陽光パネルは、営農法と呼ばれる農業と並行して発電を行う方式です。

現在、千葉市緑区高田町1号発電所パネル下では、椎茸を栽培しています。

その、重要な作業の一つが「芽かき」大きな菌株を残して剪定を行います。このプロセスをしっかりやらないと、大きくて美味しい椎茸は育ちません。とても大変な作業ですが、みんな真剣です。