CHANGE(チェンジ)公式ブログ

パネル1枚・1ワットから始める太陽光発電

20171025140952

CHANGE(チェンジ)公式サイトをリニューアルしました

こんにちは!

CHANGE(チェンジ)の公式サイトをリニューアルしました。

デザインを一新して使い勝手を向上させました。今後とも、よろしくお願いいたします。

change-x.jp

高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉は困難を伴うようです

mainichi.jp

廃炉が決まっている高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、原子炉容器内を満たしている液体ナトリウムの抜き取りを想定していない設計になっていると、日本原子力研究開発機構が明らかにした。放射能を帯びたナトリウムの抜き取りは廃炉初期段階の重要課題だが、同機構が近く原子力規制委員会に申請する廃炉計画には具体的な抜き取り方法を記載できない見通しだ。

毎日新聞2017年11月29日 より

昨日のニュースです。

高速増殖原型炉「もんじゅ」は、冷却液にナトリウムを使用しています。ナトリウムは、空気に触れると発火するという性質を持っています。

このため、廃炉に際しては、ナトリウムを安全に排出する必要がありますが、劇薬であるため簡単ではありません。

通常の原子力発電所でも、廃炉が完了した原子炉は無いわけですが、高速増殖原型炉となると、原料により毒性の強いプルトニウムを使用していることや、冷却液にナトリウムを使用していることがネックとなり、どのぐらいの費用や期間がかかるのかも見当がつかないというのが実情なようです。

完全に密封された高速増殖炉とはいえ、経年劣化は避けられないでしょうから、いつかは廃炉なり交換なりといった作業が必要になるはずです。

原子力機構幹部は取材に対し「設計当時は完成を急ぐのが最優先で、廃炉のことは念頭になかった」と、原子炉容器内の液体ナトリウム抜き取りを想定していないことを認めた。炉内のナトリウムは放射能を帯びているため、人が近づいて作業をすることは難しい。

原子力機構幹部の発言とは思えない杜撰なものとなっていますが、少なくとも経年劣化による自然決壊が起きる前に、危機的状況が把握できただけでも良かったといえるでしょう。

原子力発電の危険性を私たち人類は未だに把握しきれていないのかもしれませんね。

今後の動向に注目が寄せられます。

高田1号発電所の売電収益が分配されました!

こんにちは!

先日、高田1号発電所の売電金が東京電力より入金されましたので、CHANGE(チェンジ)オーナー様にポイントが分配されました。

10月は天候不順が続いたため、発電量は当初予定よりだいぶ落ち込んでしまったのですが、それでも1ワットあたり、0.58ポイントの割り振りとなりました。

f:id:changex:20171129094944p:plain

なお、11月の検針もそろそろ行われると思いますので、入金があり次第ポイントを割り振りいたします。

ポイント分配の日程は、以下のような感じで毎月行われます。

これからもCHANGE(チェンジ)のご利用をよろしくお願いいたします。

千葉の弊社発電所に行って来ました

皆さん、こんにちわ!

先日、千葉にある弊社事務所を訪ねて、千葉市緑区高田町1号発電所と、ソーラーシェアリングを行っている別の案件を見てきました。

私達、CHANGE(チェンジ)の開発チームは、山形県酒田市の本社に勤務しているのですが、今回は東京(千葉?)出張ということで、見学に行きました。

f:id:changex:20171117155012j:plain

千葉の高田町1号発電所下で栽培しているしいたけの菌床です。ずらっとならんで壮観なんですが、今は1回目の収穫が終わり、2回目に向けての作業を進めていました。

f:id:changex:20171117155020j:plain

こちらが収穫されたしいたけです。品質の良いA級品が一杯採れたそうです。

f:id:changex:20171117155029j:plain

こちらが菌床です。持った感じは軽くてスポンジのような感じでした。これを一旦水に浸けて冷蔵庫で冷やすと準備完了になるそうです。

f:id:changex:20171117155036j:plain

この日は晴天に恵まれ、発電も順調でした。

f:id:changex:20171117155042j:plain

高田町1号発電所から、30分ほど車で移動した場所にある別の発電所にも行きました。

こちらの施設は、ソーラーパネルの下が畑になっているのですが、先日の台風の影響で残念ながら作物はほぼ全滅してしまったとのことでした。

自然を相手にする農業の難しいところです。

上の太陽光パネルは、記録的な台風の直撃でもびくともせず、この日も元気に発電していました。

f:id:changex:20171117155050j:plain

こちらで作業している伊藤さんです。弊社のグループ企業で、農業法人のSSアグリ研究所所属の社員となります。

笑顔が素敵ですね。

菌床持って帰ってきました

お土産に菌床を1本持って帰ってきました。

霧吹きで湿らせておくと、しいたけが生えてくるみたいです。

f:id:changex:20171117154954j:plainf:id:changex:20171117155002j:plain

うまく行ったら、またレポートします!

太陽光パネルで冷房効率アップ?

日経テクノロジーに気になる記事がありました。

techon.nikkeibp.co.jp

こちらによりますと、向上の屋根に太陽光パネルを設置したところ、高い遮熱効果を発揮し、冷房コストが大幅に削減できたとのことです。

太陽光パネルは、発電による売電収入によって敷設費用を相殺できるため、屋根に断熱工事を行うよりもトータルでの費用は安く済みますし、太陽エネルギーを電気に変えるという仕組み上、高い遮熱効果が期待できます。最終的には売電金額が敷設費用を上回るため、余剰分は収入になるということも合わせると、一石三鳥の効果が期待できそうです。

太陽光パネルの家計へのメリット

太陽光発電所を所持することは、環境や社会に役立つだけではなく、家計にも大きなメリットがあります。太陽光発電は、政府の政府の新エネルギー政策の中核を担い、その普及を推進するために「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」により、買取価格が通常の市価よりも高額に設定された状態で、20年間の買い取り契約を結ぶことができます。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度

再生可能エネルギーの固定価格買取制度についての説明は、経済産業省が公開しているこちらの資料に詳しく説明されています。

「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」は、再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で買い取ることを国が約束する制度です。電力会社が買い取る費用を電気をご利用の皆様から賦課金という形で集め、今はまだコストの高い再生可能エネルギーの導入を支えていきます。この制度により、発電設備の高い建設コストも回収の見通しが立ちやすくなり、より普及が進みます。

再生可能エネルギー固定買取制度ガイドブックより

再生可能エネルギー固定買取制度ガイドブック

このように、政府の後押しにより、再生可能エネルギーの推進が図られているわけです。

そして、この高価な買取価格を実現するために、私達の利用している電気代にその費用が転嫁されており、それが「再生可能エネルギー賦課金」という形で、電気料金の明細に乗っています。

先ほどのガイドブックには、このように説明されています。

固定価格買取制度で買い取られる再生可能エネルギー電気の買い取りに要した費用は、再エネ賦課金によってまかなわれます。再生可能エネルギーで発電された電気は、日々使う電気の一部として供給されているため、再エネ賦課金は、毎月の電気料金とあわせていただいています。

再生可能エネルギー固定買取制度ガイドブックより

わたしたちは、知らず知らずのうちに再生可能エネルギーの普及促進に参加しているということになります。

しかし、これでは、再生可能エネルギーを高価に買い取るための資金の提供源としての参加のみということになり、費用ばかりが取られるという結果になってしまいます。

それならばと、自分たちも再生可能エネルギー発電装置を所持して、再生可能エネルギーによる固定買取制度の恩恵にあずかろうとしても、これまでは、その高額な設備投資費用がネックとなり、一般家庭で導入するのは難しい側面がありました。

また、家庭用の屋根上型太陽光パネルでは、固定価格買取制度の適用に制限があり、まず、自己消費が優先され、余剰分が買い取りに回されることになりますが、家庭用発電機器の場合、固定価格での買い取り期間は、10年間に短縮されます。

「CHANGE(チェンジ)」で太陽光パネルオーナーになれる!

「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」の対象となるためには、事業計画の立案や場所の選定、経済産業省からの認定を受けるための手続きや、電力会社との調整や依頼、パネル業者や工事業者との交渉などを行い、幾多の作業と手続き、調整を行う必要があります。

無事、認定を受けてからも実際の工事を着工させ、電力会社との接続を終えるまで気を抜くことはできません。

ポケソラでは、それらの面倒な手続きや工事をすべて終えて、発電を開始するだけとなった太陽光発電所を専用サイトで1ワット単位で販売しております。

みなさまが購入される太陽光発電設備は、当社が責任を持って計画し、監督して完成させたものです。

そして、発電開始後も20年間に渡り、安全に安定した電力供給を行えるよう、責任を持って運転管理致します。当社は、各種保険の活用と専門の運用管理体制により、ソーラーパネルの安定稼働を約束します。

再生可能エネルギーの社会へのメリット

日本は、地下資源の乏しい島国です。

自国でエネルギーを生産できないため、日本のエネルギー自給率は、実に6%という低い数字となっています。2011年までは、原子力発電所が稼働していたため、約20%のエネルギー自給率となっていましたが、国内の原発がほぼ停止している現在、大幅にその数値が低下した状態となっています。

f:id:changex:20171101103453p:plain

日本のエネルギーのいま:抱える課題(METI/経済産業省)

そのなかで、現在自給しているエネルギーの内半分以上を太陽光発電などの再生可能エネルギーで担っています。

原子力発電所がかつての勢いで稼働するのか見通しが立たない現状もあり、より一層再生可能エネルギーの果たす役割は大きいといえます。

現時点では、世界経済における円の価値が高く、原油価格の下落もあり、燃料の調達環境は、悪くないといえます。しかし、いつまでもこの状況が続くとは限りません。

少子高齢化が進む中で、残念ながら日本の国力は少しづつ衰えていくでしょう。今よりも円の価値がぐっと低くなるような未来も想定されます。

現在は、低く抑えられている原油などの地下資源ですが、現在の価格は各国の過剰生産によるものです。産油国側では、石油価格の上昇を望んでいますので、各国の調整が進めば、再びかつてのような高騰をみせるかもしれません。

原油価格の高騰や円安が重なった場合に、自国に資源を持たないこの国の経済状況は、一気に厳しいものとなります。

太陽光パネルは、エネルギーの貯蓄と生産を担う畑となる

太陽光パネルは、生産時に石油などの資源を使いますが、生産分のエネルギーは、1~2年で回収可能です(最新技術でのEPT(エネルギーペイバックタイム)は、0.96年~1.9年)。現在使われている太陽光パネルは、20年以上の耐用年数を持ち、電気を生み出し続けるわけですから、費用対効果の高いエネルギーを生み出す、一次産業として見ることができます。

産総研:太陽光発電研究センター 「再生可能エネルギー源の性能」

太陽光パネルは、かつて太陽電池と呼ばれていましたが、その名の通り、20年間に渡って電気を取り出し続けることが出来る電池としての役割を担っているわけです。

日本の産業分類では、電力は三次産業に分類されますが、設備への投資によって、太陽から直接エネルギーを得るわけですから、一次産業としての側面を持ちます。生み出されたエネルギーが、日本の産業を支え、様々な製品やサービスに循環していくことを考えると、太陽光パネルから発生する電気は、その価格以上の価値を持っているのです。

一人1kW運動で火力偏重のエネルギー構造を緩和する

現在、日本が有する原子力発電所の総発電能力は、4000万kWです。国民一人ひとりが、1kWの太陽光パネルなどの再生可能エネルギーの発電能力を持つと1億2000万kWの発電能力を有することになります。実際の日照時間が6時間程度として4分の1の3000万kWを有効発電能力とすると原子力発電所に匹敵する発電能力を有することがわかります。

これは、日本の総消費電力の30%に相当する発電能力となり、エネルギー自給率もそれに応じた値となります。

この目標が実現すれば、環境問題やエネルギー自給率向上に大きく貢献することになります。

f:id:changex:20171019143522j:plain
チェンジで扱う太陽光設備は農業併用なため、まさに「畑」です